引越しの荷造りが間に合わない!荷物が多い場合の荷造りのコツは?

nidukuri-owaranai

引越し前に必ずやらなければならないのが荷造り。
始めてみると想像以上に大変ですよね。
荷物をまとめるのって思ってた以上に時間がかかるものです。

今回は、引越しの荷造りが間に合わないかも!な時間ギリギリの場合の荷造りのコツなどご紹介します。

スポンサーリンク
  

引越しの荷造りが間に合わない! 

急な転勤などの場合を除き、引越しを決めてから実際に引越し当日を迎えるまでには数週間の時間がある場合が多いですよね。
計画的に引越し準備を進めていれば、当日までにスッキリしているはずなのに直前まで荷造りが終わらず、間に合わないかも!と慌てる人が多いです。

なぜこうなるのか?
それは、荷造りを始めてみて「初めて」、物の多さに気付くからです。

荷造りを始める前は家中をぐるりと見渡し、だいたいどのくらいのスケジュールで荷造りすれば間に合うかの見当をつけますね。
しかし、実際に荷物をまとめてみると、ダンボールに物を詰めても詰めても荷造りが終わらず、そこで初めて物の多さに気づけるのです。

特に食器類などは、割れないように一枚一枚緩衝材にくるんで箱に入れたりしていると、とーっても時間がかかります。
また、直前まで使うものなどは触るに触れず、結果として、引越し当日にまだ片付いてないものが一杯、という事になったりするのです。

いよいよ引越しが目前に迫りこのペースでは間に合わない!となったら、そこからどのように荷造りを進めたらよいでしょうか。

引越し荷物が多い場合の荷造りのコツは?

引越しの荷物が多い場合、使うダンボールの数も当然増えますし、手間もかかります。

基本的に荷造りする時は、重たい物(本など)や小さいものは小さいダンボール、軽い物やかさばるものは大きいダンボールに箱詰めするのが基本です。
そして、引越しまでに不用品の処分を早目にしておくのもとても重要です。
早目早目に処分することで、トータルでかかる費用が安く済みます。

スポンサーリンク

これらは引越しでの荷物整理の基本中の基本ですが、引越し直前まで荷造りが完了しておらず、間に合わないかも、という状況においてはこのやり方では終わりません。

直前まで片付いていない場合は、一旦不用品の処分については忘れましょう。
荷造りをする際には「要るもの」「要らないもの」に分類するのに結構な時間を取られます。
直前でこんなことをしていては到底間に合いません。
こんな場合は、「すべて持って行く」。この一択です。

本来なら同じ用途のものは同じに箱詰めしたほうが良いかと思いますが、時間が無い時は、同じ用途のもので箱詰めするのではなく、「同じスペースにあったもの」で箱詰めすると良いでしょう。
ダンボールの外側には、家のどのスペースに置いてあったものかを記入しておけば、案外物の把握は出来ていたりしますので、荷解きが若干楽になります。

結局のところ引越した新居で荷解きをする際に、あらためて必要な物か否かを判断する必要が出てきますが、一先ず引越しまでに荷造りを終了させるためには全て持って行くのが最も手っ取り早いのです。

また、直前まで使用したものに関しては、引越した直後にもすぐ必要になるでしょうから、そういった物は最後に箱に詰め、ダンボールの上部とサイドに「最後までつかっていたもの」と書いておくと、引越し先の新居で真っ先に開けて使うことが出来ます。

引っ越し後は、出来るだけ早めに荷解きをして、不用品はその時にまとめて処分してしまいましょうね。

引越し業者に引き取ってもらう

引越しまでに処分しきれなかった不用品をどうしても新居には持って行きたくない!という場合には、引越し業者さんに引き取ってもらう、という方法もあります。
引越し当日に相談されたら良いかと思いますが、費用は当然掛かりますし、市区町村の粗大ゴミに出すのと比較すればかなり割高になります。

まとめ

荷造りがどんなに「間に合わない!」状況であっても、持ち家でない限り空ける部屋はカラににしなければなりません。
いざとなったら全部まとめて新居に持ってけー!と腹をくくって荷造りのラストスパートをかけましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする