夏バテ対策【エアコン編】上手な使い方は?寝るときは消す?

aircon

暑い日が続くと室内ではどうしてもエアコンを使いますね。
昔と違って夏の気温がとても高く、エアコンが体に悪いからと我慢していると、室内で熱中症という事態にも!
エアコンなしでは生活が難しくなりつつある日本の夏。
かと言って部屋の冷やし過ぎは体を冷やし冷房病、夏バテへとつながりかねません。

今回は夏バテ対策の為のエアコンの使い方についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

夏バテ対策【エアコン編】

夏バテと聞くと、暑いところに長時間居て暑さにより体調不良になる、というようなイメージを持ってしまいますが、エアコン(冷房)によって体が冷えることが夏バテの原因の一つとなるのです。

体は室内と室外の気温差が5℃以上になると、体温を調整するために大量のエネルギーを消耗します。
室内のエアコンの温度があまりに低すぎると、外との気温差を埋めるために体に大きく負担をかけ、結果的にエネルギーが不足して疲労に繋がってしまうのです。

冷房の温度を下げ過ぎていませんか?

長時間冷房の効いた室内にいると、自覚のないまま体はどんどん冷えてしまい代謝が悪くなってしまいます。
外が暑ければおのずとエアコンの温度を下げてしまいがちですが、冷房の下げ過ぎは夏バテに繋がってしまうのです。

そして、知らず知らずの内に血行が悪くなり、体の末端の細胞に酵素や栄養が行きわたらず老廃物も溜まりやすくなってしまいます。
また、胃腸の働きが弱ってしまい、おのずと体の力も不足して夏バテとなるのです。

夏バテしないエアコンの上手な使い方は?

aircon2

エアコンで体が冷えると夏バテの原因になるなら、エアコンは使わない方が良いのでしょうか?

いいえ、それは違います!

熱中症の半数以上が屋内・室内で起きているって知ってた?

「夏暑いのは当然!しっかり汗をかいて代謝を良くすれば夏バテなんてしない!」
こんな風に考えている人は危険です。

ここ最近の日本の夏は本当に暑いです。
35度を超える猛暑日も珍しくなく、ひどいところでは40度を超えたりということもありますね。
こんな状況でエアコンを一切使わないというのは、場合によってはとても危険な事なのです。

実際に、熱中症の50%以上が住宅などの居住施設や学校・会社といった「屋内」で起きているのです。

エアコンを上手に使いましょう

自宅などエアコンの温度を自分で調節できる場合は、温度を下げ過ぎないようにして上手に使いましょう。
室内が28℃くらいに保てるように定期的にチェックしながら、温度調整しましょう。
これは決してエアコンの設定温度とイコールとは限りません。部屋の立て方や位置などによって同じ設定温度でも実際の部屋の温度は違うことが有りますので、必ず温度計を設置して部屋の実際の温度を見るようにしましょうね。

そして、28℃では暑いからと、冷やし過ぎると夏バテに繋がります。
室温が24℃を下回って来ると体は冷えやすくなるうえ、外気との温度差が大きくなり体力を消耗します。
一時的に冷やしたいと温度を下げた場合も落ち着いたら28℃にするように気をつけましょう。

24時間エアコンという手も
最近の高気密・高断熱の住宅などでは、夏はエアコンを消さない「24時間稼働」をすすめていることもあります。

スポンサーリンク

ずっとエアコンをつけっぱなし、と聞くとものすごく電気代がかかりそうですが、最近のエアコンはとても省エネです。
そして、エアコンは点けた時(稼働時)にパワーをたくさん使うので、案外つけたままのほうが電気代がかからなかったりするのです。

高めの温度でエアコンを設定し風量は「自動」でつけたままにしていると、暑くもなく寒くもなく丁度よい温度が常に保てて快適に過ごせるのです。

エアコンの温度調節が出来ない時は?

室内を冷やしすぎないようにと思っても、職場や公共の場所など自分ではエアコンの温度を調節出来ない場合もありますね。

手のひらで二の腕の後ろや足首などを触って、手のぬくもりがじんわりと感じる場合はすでに体が冷えていると考えたほうがよいです。

そんな時は、ちょっと気分転換に室外に出てみたり、温かい飲み物を飲んで体を冷やさないように気をつけましょう。
また、日常的にエアコンが強めに効いたところで過ごすのであれば、靴下を履いたりカーディガンを羽織う、ひざ掛けを使うなどして調節するようにしましょうね。

夏バテしたらエアコンは消して寝るべき?

夏バテしていると、エアコンで冷えると困るので消して寝たほうがよい様な気がしますね。

でも、暑いのを我慢して寝ていると睡眠環境が悪くなり、しっかりと睡眠がとれなくなってしまいます。
睡眠を十分に摂ることが疲労回復には欠かせませんので、冷えたら困るからと暑苦しい中我慢して寝るのはおすすめできません。

また、寝る時にエアコンを使う人でも体が冷えないようにとタイマーをかけたりすると思いますが、これもあまりおすすめできません。
快適に睡眠をとるためには室内の温度を一定に保つのが良いのです。
おすすめは28℃くらいのやや高めの温度で風が直接体に当たらないように風向を設定し一晩中稼働させておくことです。

エアコンと合わせて寝具も涼しいものを

エアコンをつけていても高めの温度に設定していると暑く感じる人も居ますね。
そういう場合は、むやみにエアコンの温度を下げるのではなく、寝具を工夫してみてはいかがでしょう。

最近は冷たく感じるシーツや肌布団などが色んなメーカーから出ていて、体の熱がこもらないような工夫がされています。

エアコンと合わせて寝具を涼しく感じるものに替えることで、心地よく眠れますよ。

東洋紡 ひんやり敷パット 【ギフト プレゼント 御祝 お祝 御見舞 お見舞 内祝 布団 高級感 ブランド 出産 寝具 涼しい すずしい F7232-04】

新品価格
¥3,343から
(2017/5/18 16:11時点)

まとめ

夏バテ対策の為のエアコンの上手な使い方についてご紹介しました。
もはやエアコンなしでは乗り切れないほど日本の夏は暑いです。
エアコンを上手に使って、夏バテ知らずで夏を乗り切りたいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする