インフルエンザの予防接種後のお酒は大丈夫?飲酒での影響や副作用は?

Print

インフルエンザの流行を前に、予防接種を受けたけど、そんな日に限って急な飲みのお誘いが!

インフルエンザに限らず、何か予防接種を受けた時は安静にしたり、お風呂も控えたりするのが常識の様だけど、お酒って飲んでも大丈夫なのかな?

今回はそんな呑兵衛さんの気になるインフルエンザの予防接種後のお酒についてお話します。

スポンサーリンク
  

インフルエンザの予防接種後のお酒は当日でも大丈夫?

子どもの頃から学校などで予防接種を受けたりすると、その日は「お風呂に入ってはいけません」とか「走ったり運動したりしてはいけません」等、注意を受けたものですが、そういえば、お酒ってどうなんだろう?と疑問に持たれる人も多いのではないのでしょうか?

学校では当たり前ですがお酒のことについては指導されません(笑)ので、飲んでいいのか判断に困りますよね。

実際、インフルエンザの予防接種を受けた日に限って飲み会のお誘いがあったり、仕事で取引先の人と急に飲みに行くことになったり、と事情により避けられない場合もあり、飲んでいいのか気になるところです。

インフルエンザの予防接種を受けた病院・診療所によっては、予防接種後の注意点などが書かれたパンフレットを渡してくれたりもしますが、内容としては予防接種後は過度の飲酒や運動は控えるようにとあります。

用心する人であれば、この言葉を「今日は飲まない方がいい」と捉えるでしょうし、あまり気にしない人だと「じゃあ、ちょっとは飲んでいいんだね」と捉えるでしょう。
要は大人なんだし、自己責任で、というところでしょうか。

しかし、アルコールが入ると、気が大きくなって「ちょっとだけ」と思っていたはずがどんどん勢いに乗って飲んでしまう・・・ということは十分に考えられます。
こういった面から考えると、インフルエンザの予防接種当日はお酒は控えたほうが良いかと思います。

ただ、仕事の付き合いなどでどうしても断れない場合は、気をしっかりと持ち、一杯だけ、とか、ペースをぐっと落としてとかご自身でうまく調整する必要がありますね。

インフルエンザの予防接種後の飲酒でどのような影響が?

インフルエンザの予防接種後の飲酒で体にはどのような影響が出るのでしょうか?

スポンサーリンク

その人の体質やその日の体調などにより、お酒を飲んでも普段と全く変わらなかったという人も居れば、具合が悪くなる人も居ます。

予防接種後の体は抗体をつくるために様々な反応を起こします。
人によって、微熱が出たり体が怠くなったりといった副反応がでることもあり得ます。
そういった影響を考えて「過度な飲酒は控えるように」と言われるのでしょう。

摂取後、腫れる等の副反応が見られる場合は、お酒は控えるのが望ましいです。

万一、予防摂取後の飲酒が原因で具合が悪くなって数日寝込むことになったら何のために予防接種を受けたのか??ということになってしまいますので、どうしてもお酒を飲む、という人はその辺りも良く考慮した上で行動されてくださいね。

インフルエンザの予防接種による副作用は?

そもそも、インフルエンザの予防接種による副作用というのはどういった症状があるのでしょうか。

よく見られるのは予防接種した部分を中心に赤くなったり、腫れあがったりといった症状です。
赤く腫れるのも人によって程度が違い、やや赤みが帯びる程度の人も居れば赤みの範囲が6~7cm程の広さになってぷくっと腫れる人もいます。

さらに、赤く腫れると同時にその部分が熱を帯び、かゆみを起こしたりもします。

ちなみに私はこのタイプで、毎年インフルエンザの予防接種後は腫れる、赤くなる、かゆくなるで結構大変です。

また、幹部が打ち身のように痛くなって、触ったり腕を振ったりするとジンジンと痛んだりといった症状も起きます。

これらは一種の副作用ですが、大抵の場合2~3日から1週間ほどで引いてきますので、それほど心配する必要はないでしょう。

ただ、あまりにも長い期間腫れが引かなかったり、酷いかゆみが続いたりする場合は予防接種を受けた医療機関で相談されて見てください。

その他の手足に力が入らないとか、呼吸が苦しくなる、またはそれ以上の重篤な副反応を起こす人が数十万人に一人といったレベルですが可能性が無いことは無いです。

まとめ

インフルエンザの予防接種を受けたら、基本的にはその日はお酒を控えるのが望ましいかと思いますが、最終的には自己責任となります。
どうしても断れないお酒の席がある等、その時の状況を見つつ、接種後の自身の体の状態(副反応が強く出ていないか、等)をよく考慮して判断をしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする